2010年02月11日

胸に刃物、マンション入り口で男性死亡 神奈川・川崎(産経新聞)

 7日午後11時10分ごろ、川崎市川崎区下並木のマンション入り口付近で、「若い男性が胸に刃物が刺さって倒れている」と警備員から119番通報があった。男性は30代ぐらいとみられ、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。

 消防から連絡を受けた神奈川県警川崎署は、男性が事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査を始めた。

【関連記事】
女性が胸を刺され死亡 札幌 川崎市の20歳男を逮捕
刃物で刺され3人死亡 男を逮捕 川崎
乗用車前に血まみれの男性 福島・須賀川 殺人で捜査
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害
胸に刃物、女性が死亡 自殺と事件の両面で捜査 東京・目黒の民家

宮古・八重山地方の津波注意報解除(産経新聞)
<ネットオークション>米国製「駅馬車」をヤフオクで公売へ 静岡県三島市(毎日新聞)
有罪判決から65年 「長かった」 「実質無罪」に喜ぶ遺族ら 横浜事件(産経新聞)
<雑記帳>バレンタインにカカオ焼酎(毎日新聞)
航空機座席の検査記録ねつ造=小糸工業に業務改善勧告−国交省(時事通信)
posted by トミオカ タダユキ at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下関市で「ふくの日」祈願祭(産経新聞)

 「ふくの日」の9日、フグの大漁と航海安全、商売繁盛を祈る祈願祭が、全国一のフグ流通拠点、山口県下関市の恵比須神社で営まれた。

 下関では縁起を担いでフグを「フク」と呼び、下関ふく連盟が語呂合わせで2月9日を「ふくの日」に制定。関門海峡を望む同神社で営まれた神事には関係者らが参拝し、イキのいい天然物が神前に供えられた。

 神事のあと、市内の福祉施設にフグ刺しなどがプレゼントされた。11日には、南風泊市場で「ふくの日まつり」が開かれ、「ふく鍋」のサービスやフグのつかみ取りなどが行われる。

【関連記事】
トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ
下関で新春恒例のフグの初競り 安値でスタート
フグ中毒で店主を在宅起訴 業過傷害で山形地検「あまりに不注意」
天然“寅フグ”ほぼ半値… 下関で初競り
大黒門市場で歳末大売り出し フグの振る舞いも

運転のブラジル人を逮捕=危険運転致死容疑で指名手配−名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演(医療介護CBニュース)
フランス 本場もうなる「神の雫」 著名ソムリエ高い評価(毎日新聞)
橋下知事「命かけ伊丹空港に反対。国交相は理念ない」(産経新聞)
もみ玉むき出し危険、マフラー絡み窒息死(読売新聞)
posted by トミオカ タダユキ at 03:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。